アフィリエイトとは、簡単に言うと自身が管理するWEBサイト上に広告を載せて広告料を得る副業のスタイルです。
その報酬を得られるタイミングには様々なタイプがあります。
掲載した広告がクリックされるごとに報酬を得られたり、リンク先で商品が購入された際に報酬が得られるなどです。

そうしたアフィリエイト広告収入を得るためにはまず、魅力のあるサイトを作らなければなりません。
サイトに人が集まらなければ広告がクリックされる機会が生じないからです。
その人を集めるサイトの代表的なものを紹介していきましょう。

・巨大掲示板まとめサイト(5ちゃんねるまとめサイトなど)
掲示板であるスレッドをユーザーが自由に作成し、それが連なって巨大な掲示板群となっているサイトには多くの書き込みがあります。
それらの中から面白い書き込みをあつめて掲載する(まとめる)スタイルです。
このタイプのサイトは雑多なテーマの掲示板をまとめたり、特定のテーマの掲示板をまとめたりします。
その時々の世間的に目立った出来事に関する掲示板をまとめる場合もあります。

このタイプのサイトを運営する場合はある種の覚悟が必要です。
なぜなら、掲示板を見続ける中で常に人の心の闇ともいえる書き込みを多く目にしてしまうからです。
これは精神衛生上とても良くありません。
そういった状況を防ぐために暴言系書き込みをフィルタリングできるブラウザなどを使用するのも有効です。

なお、暴言系の書き込みに感覚的に慣れてしまうと、うっかりまとめの中にそういった文言を入れてしまうケースがあります。
人を集めるためのWEBサイトとは基本的に人を楽しませるための「コンテンツ」であることを忘れてはいけません。
なので、そういった人を不快にする文言には常に注意が必要となります。(あえて入れているサイトもありますが、不特定多数の人々に不快をばらまく行為なので良い事とはいえません)

・テーマ別まとめサイト
アウトドアや園芸、DIYなどの特定の事をテーマにした記事を作成し、それを掲載していくスタイルです。
それらの記事に関する趣味を持っている人を集めることができます。
記事のクオリティがアクセス数に直結するため、収益はライターの腕次第となります。
複数のライターが協力して運営していたり、企業が開設しているケースもあります。

・YouTubeアフィリエイト
公開した動画に広告を載せて収入を得るスタイルです。
YouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる投稿者達がその代表格で、副業、または本職として配信を行い収入を得ています。
配信者が直接または間接的に出演するもの以外には、テーマ別に情報をまとめた文字列をスライドショー的に見せるスタイルもあります。
こちらはテーマ別まとめサイトの動画版ともいえます。

以上が代表的なアフィリエイトサイトです。
それぞれを運営するためにはある程度のスキルが必要となりますが、うまく運営できればある程度の収益を得ることができるでしょう。
もしも自身の文章力に自身がある場合はチャレンジしてみるのも良いでしょう。(5ちゃんねるまとめサイトは正直おすすめしません)